ソニーとマイクロソフトが戦略的提携!新時代のクラウドゲームに向けて!

どもども風です!

 

凄いニュースが入ってきたので、記事にしておくべきだと思いました。

 

2019.5.17 お互いライバル社であったソニーとマイクロソフトが、将来のクラウドゲーム化に向けて業務提携をすると発表がありました。

 

 

バチバチなライバルであったソニーとマイクロソフトが提携するってことが大きなニュースなのですが、ここまでになった背景もなかなか凄い動きがあったからなのです。

 

以前、記事にもしましたが、PS5の発表がでました。

そこに拍車をかけたかのように、Googleがゲームサービス「Stadia」を発表しました。

 

Googleがゲーム業界に殴り込みをかけてきたわけなのですが、このブラッドフォームシステムがゲームの未来を先取りして世に送り込もうとしてきています。

 

Google側のデータセンターのゲームを動かすという形なので、動画としてDLをし、それを配信していくシステム。

 

スマホやタブレット、PCなどデバイスを問わず、低遅延で高クオリティで遊べるストリーミングゲームブラットフォーム。

 

つまり、Googleスタディアは、PS5やXBOXなどのようなハードを持たずにゲームができてしまう未来のゲームシステム クラウドサービスを先取りしてきました。

 

何万も出してPS5を買わなくても、ハイスペックなPCを買わなくても、高クオリティなゲームが低遅延でできてしまうわけです。

 

この時点で、ゲーム業界の未来はGoogleが先陣をきって走っていくことが約束されたようなものです。

 

Googleの「Stadia」の発表で、ゲーム機でゲームをするという時代が終わりを迎えようとしています。

 

ソニー側からしたら、PS5の発表をしたばかりのタイミングでこのニュース、パニックになったことでしょうw

 

しかし、ソニーも動きは早かった。

ソニーとマイクロソフトが提携してクラウドサービスや人工知能(AI)に力を入れていく意気込みがしっかりと公式で発表されました。

 

Googleはとてつもない資産を持っていますし、ゲームスタジオも作る予定でいます。

Googleは本気です。

 

YouTubeのゲーム動画からすぐプレイできる「Stadia」を年内に展開すると発表しています。

流行のゲーム配信、実況などもYouTubeを独占させた形になるのでしょうか。

 

ソニーは画像センサーと半導体技術、マイクロソフトはAIの技術、両社の技術を統合してどう戦っていくかが楽しみです。

 

タイトルとURLをコピーしました